私からのアドバイス<海外就職編>

海外での仕事を手に入れる方法

海外での仕事を探すのはなかなか難しいものです。ここでは、海外で自分の理想の仕事を手に入れる方法をお教えします。
他ではできない経験をしたいと考えている新卒者にも、環境を大きく変えたいと考えている社会人にとっても、国境を越えて行くというのはエキサイティングな選択肢と言えるでしょう。ただ残念なことに、海外で暮らしたいと願う人達の多くは夢を叶えるに至らず終わってしまっています。その訳はたいがい海外での就職先を見つけることが難しいからです。そのための準備ができていない場合は特にです。
私達は業界の専門家に話を聞き、海外で仕事を見つける秘訣をシェアしました。ここでは、そのいくつかご紹介したいと思います。

オンラインネットワーキング

インターネットのおかげで、海外での職探しはこれまでにないほど簡単になってきてはいますが、メリットはそれだけではありません。ソーシャルメディアが広まったことで、国際的な職業ネットワークも作ることができるのです。「オンラインネットワーキングは、人との直接的な繋がりを作るのに役立ちます」と話すのは、リサ・マレン氏。彼女はハロゲン・ソフトウェアの企業HRの担当をしています。「ネット世界でのコミュニティやユーザーグループは、求職者がネットワークを作り、スキルをアピールするチャンスやソートリーダーシップを与えてくれます。世界中に自分が仕事を探しているのだと言って回る必要はありません。」

直に体験する

お気付きかとは思いますが、別の国へ新たに移住するというのはとても大きな変化です。真剣に移住を考えている人はおそらく、既に働きたいと思っている国に一度訪れたことがあるでしょう。そうでないなら、一度その国へ旅してみるのも一考です。実際に行ってみれば、その国の文化を知ることができるし、仕事を得る可能性が高まるなんてこともあるかもしれません。

現地の採用様式を調べておこう

海外の仕事を求める人はたいていカルチャーショックに備えて心の準備をしているものですが、国によって採用プロセスが異なるということを見落としがちです。商品卸総合サイト、セールフーのCEOで共同設立者のサイモン・スレイド氏は、次のように述べています。「国外で就職するつもりなら、現地の採用様式を把握し、その国の第一言語で履歴書を書くことが大切です。例えば、ニュージーランドでは、アメリカ式ではなく、イギリス式で履歴書を作成しましょう。」

また、中には言語の違いだけでは済まない国もあります。ラブランド氏は次のように続けます。「中国では履歴書に自分の写真を貼付するのが当たり前です。現地の履歴書フォーマットを使うことで本気度をアピールできるでしょう。」

会社に残りつつ海外へ

海外で働きたいと考えている人は、離れた所ばかり見ていることが多いものです。けれども、もっと身近なところから調べてみるのも良いでしょう。「現在勤めている会社で海外赴任の空きがないか調べてみましょう。社内での海外転勤制度がなくても、行きたい国のHR担当者に連絡してみることはできます。」
CCTVのグレン・ラブランドHRマネジャーはそう話し、次のように勧めています。「職業団体に所属しているなら、海外にオフィスがないか調べましょう。現地での職探しを手助けしてくれる人を紹介してくれる可能性もあります。」

自分について伝えましょう

面接で聞かれることは雇い主によって様々ですが、生まれ故郷である国から離れて働こうという人なら皆、当然その理由を尋ねられるでしょう。「海外移住を希望する理由を、筋道を立てて説明できるようにしておきましょう。海外で働くことがキャリアアップに繋がる、配偶者が移住するので自分も就職する必要がある、海外で暮らしたいとずっと夢見てきて、今がその時と考えている、などです」とラブランド氏。そしてこう続けます。「採用担当者、またその責任者は、就職希望者がどこまで本気で契約を全うする意志があるかをきちんと知りたいと思っています。手続きのための書類や就労規制についてなど、外国人の雇用は煩雑です。雇用者サイドにとっては、採用した人材がなかなか動き出さないということは大きなリスクなのです。」
そして最後に…

忍耐は実を結ぶ

ここまでの話で、海外で働く準備も整い、そこから飛び出して世界を見に行けると思いますよね。けれども、すぐには無理です。国内での就職とは違い、海外で働くには思いのほか時間がかかります。「職探しに4〜6か月はかかると思いましょう。また、ビザの手続きはもっとかかるかもしれないと思っておいた方が良いです。例えば中国中央テレビでは、ビザの申請用紙が届くまでに、採用されてから4か月近くはかかります。バックアッププランを用意しておくこと、海外移住に全てをかけてしまわないことが重要です」と注意を促しています。

ベトナム 第4次産業革命(インダストリー4・0)の体制が整っていない国に仲間入り

世界経済フォーラムのレポートによるとベトナムは、教育、人材、革新技術の面で低い位置にランクするとしています。

世界が第4次産業革命に突入し、この先ベトナムには多くの課題があるようです。その理由は、世界経済フォーラムでベトナムにはその体制が整っているないとされたからです。

世界経済フォーラムが評価したように、ベトナムは教育、人材、革新技術の面で低いランク付けがされていますが、これらの要素は全て第4次産業革命には欠かせないものです。

「将来の生産のための準備報告 2018」では、世界経済フォーラムが100カ国の分析を行っています。その分析はまた、世界の製造付加価値(MVA)の96%以上を占める経済圏や、世界各国の国内総生産(GDP)にも及んでいます。

分析の評価は、生産の牽引役から生産構造に至る59の指標で構成されています。

評価は1から10までの10段階でされていて、ベトナムは、生産の牽引役部門は4.9ポイント、生産構造部門では5.0ポイントで、シンガポールや、マレーシア、インドネシア、タイに遅れを取っています。

また、技術革新部門は90位、テクノロジープラットフォーム部門は92位、革新能力部門は77位、人的資本部門(労働者の技術や経験をもとに評価)は70位、大学の質部門では75位、数学・科学教育の質では68位、職業訓練の質では80位となっています。

グェン・スアン・フック首相は昨年12月、ベトナムは労働者のため、そして包括的な情報技術システムがデジタル経済に貢献できるように、さらなる技術訓練の供給が必要であると述べています。

また、デジタル技術部門に貢献できる高いスキルを持つ技術者を100万人以上雇用することを目標に定めました。

5月にはベトナムが第4次産業革命に加わるための力を強化するよう勅令を発行しています。

フック首相はベトナムが重視しなければならないことは、第4次産業革命のチャンスを掌握し、負の影響を最小限に留めるために、技術革新への投資事業をサポートしつつ、情報技術インフラの発展を行うことだと指導しています。

テクノロジー・コミュニケーションの分野でベトナムは、2018年までに安定した完全な4Gネットワークを整備させるとしています。IoTの需要に応えるための5G技術の調査・開発もできる限り早く始動させる予定です。

ベトナムが重要視している科学調査・教育分野の項目は、数学・物理・情報技術・基礎科学です。また、先端技術研究・生産の質を向上させるための革新技術・知的財産・生物学工業は、最優先で取り組むこととなる予定です。

世界中で起こっている第4次産業革命は、デジタル・物理・生物学的技術とIoT・AIの融合に基づき進められ、社会経済生活のあらゆる面に強い影響を及ぼしています。また、生産手段や労働力に変化をもたらしているとされています。

世界経済フォーラムが評価した100の経済圏のうち、生産の本質が変わることで利益が得られるベストポジションについていると報告されたのは、ヨーロッパ・北アメリカ・東アジアの25の経済圏だけで、以下の国がそうです。

オーストリア・ベルギー・カナダ・中国・チェコ共和国・デンマーク・エストニア・フィンランド・フランス・ドイツ・アイルランド・イスラエル・イタリア・日本・韓国・マレーシア・オランダ・ポーランド・シンガポール・スロベニア・スペイン・スェーデン・スイス・イギリス・アメリカとなっています。

また、世界経済フォーラムによると、ロボットの販売はおよそ70%が中国・ドイツ・日本・韓国で行われていますが、中国が最速の成長を見せているようです。